Shimesaba-ba blog

30代男性が転職、仕事、英語、旅行、生活で役に立つ情報を

物件探しのコツ、何を妥協するか

色々ありまして、

 

引越しをここ9年で今まで

 

6回引越しをしてきました。

 

物件選びをする時、

 

予算、広さ、駅からの距離、設備スペック

 

色々考えていると決められない人も

 

多いと思います。そんな方に

 

物件選びのコツをお伝えします。

  

結論から言いますとコツは何を妥協するかです。

 

私が過去に経験した中で

 

パーフェクトな物件はありませんでした。

 

当初の条件から1つは妥協してきました。

 

 

1.今まで妥協してみた結果

 

広さ

 

家にデカイものをどうしても

 

置かないといけない人以外は

 

意外と妥協しやすい条件です。

 

人はそのうち与えられた

 

その広さに適応していきます。

 

荷物が多くて狭い所に住めない人は

 

自然と断捨離をすることになるでしょう。

 

逆に広い部屋に住むと荷物は増えやすいです。

 

少なくとも私はそうでした。

 

荷物量で部屋が決まるのではなく、

 

部屋で荷物量が決まってきます。

 

個人的には普段そんな使わない

 

荷物のために家賃を多く払うのは

 

もったいない気がしたので

 

何度か広さを諦められました。

 

それで苦痛になることはありませんでした。

 

宅配ボックス

これは妥協して失敗でした。

 

ネット注文する頻度や在宅時間次第ですが

 

基本的に荷物を受け取れないので

 

不在表を見て時間指定をする作業や、

 

玄関で受け取ったりと面倒くさいです。

 

築年数

これは妥協できました。

 

リノベーションがされていて

 

外観はボロボロ、中はそこそこ綺麗

 

という状態。どうかと思いましたが、

 

中さえ綺麗なら家賃も抑えめになりますし、

 

あまり気にならなくなりました。

 

 

2.こんなはずでは・・・落とし穴

 

駅近

 

 

何度か失敗した経験があります。

 

駅近だと思ってもそうではない時

 

がよくあります。

 

不動産の徒歩時間の表示は

 

実際に歩く道のりを分速80メートルで計算された時間です。

 

駅と家の間に信号が長い横断歩道が

 

あったり、坂がきつかったり

 

踏切があったりして表示の時間では

 

駅に着かないことがよくあるのです。

 

後で気づいて失敗しました。

 

その後は必ず歩いて計測するように

 

しました。皆さんもお気をつけて下さい。

 

 

 

 管理会社

 

 地元の小さな管理会社さんでした。

 

(良い管理会社が大半だと思いますが)

 

入居後にすぐに給湯機が壊れたり、

 

ドアが外れたり・・・。

 

更に修理を依頼しても業者から日程を折り返すと言って

 

そのままスルーされるくだりを数セット 笑

 

退去後、何度電話しても清掃の見積もりが出ず、

 

敷金が返ってこない。2か月弱経って出てきたら

 

内訳がなく1か月分の敷金ぴったりの金額だったり笑

 

人を怒らせる才能にあふれた会社でした。

 

みなさんも物件を契約する時、管理会社が

 

どういう所か極力調べた方が良いと思います。

 

本当苦労しました。