Shimesaba-ba blog

転職、仕事、英語、旅行、生活に役立つ情報を

TOEICの塗り絵がなくなる点数の目安とは?

TOEIC240回の結果が出ました。

ほぼ想定していた通りでした。

f:id:Shimesaba-ba:20190616114014p:image

ちなみに当日のテストの受けた感触や、

800点レベルで何ができるのかまとめた記事は下記です。

 

www.shimesaba-ba.com

 

 塗り絵10問でR405点

 塗り絵が10問もあったので絶望を味わいました。

 

ここで思ったことは

 

私のリーディング405点で10問も塗り絵が残ってしまうわけで、

一体何点ぐらいの人がリーディングを全部読み切れているのだろうかという疑問。

 ちなみに前回は390点で塗り絵15問でした。 

 

塗り絵がない点数の目安とは ?430点程度と推測

 

結論から言いますと、

リーディング430点から

ようやく全て読んで解答できると想定します。

 

もちろん読むスピードと正答率は

全員一様ではないし、

問題分の難易度や量に左右されると

思いますので一概に言えませんが、

 

私をモデルとした時の想定です。

一つの参考になればと思います。

 

私が取った405点の内塗り絵10問中2問は読んでいなくても

まぐれで正解だったとします。4択なのでこれくらい正解

になっているでしょう。

 

一方もしこの10問を全てじっくり読めたとしたら

私が回答した部分の正答率から考えると10問中7問は取れると思います。

 

そうするとその差の5問分の約25点(1問5点と仮定)を追加して

 

405+25=430点が全て読める切れる人の

ボトムラインになるであろうと思います。

 

なので回答した部分の正答率が私と同じくらいだとしたら、

リーディング430点以下の人は終わらなくて当然なのです。

 

思わずテクニックに走って

適当に読んで早く回答できる方法はあると思います。

TOEICの点数を上げるためだけならそれで良いでしょう。

 

しかし、実際の仕事で英語を使う人の場合、

相手のメールや契約書でそれが通用するでしょうか?

  

テクニックに頼らず地道に正確に読むことを繰り返すことが

結果的に実践でも使える英語になると思っています。

 

 

ブログ村へ参加しております にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村