Shimesaba-ba blog

30代男性が転職、仕事、英語、旅行、生活で役に立つ情報を

TOEIC公開テスト第240回 結果。塗り絵がなくなる点数の目安とは?

結果が出ました。ほぼ想定していた通りでした。

f:id:Shimesaba-ba:20190616114014p:image

ちなみに当日のテストの受けた感触や、800点レベルで何ができるのかまとめた記事を

下記に記載します。

 

www.shimesaba-ba.com

 

 

 塗り絵が10問もあったので不安でしたが、

目標の最低ライン800点を越えられることができました。

 

ここで思ったことは

私のリーディング405点で10問も塗り絵が残ってしまうわけで、

一体何点ぐらいの人がリーディングを全部読み切れているのだろうかという疑問。

 ちなみに前回は390点で塗り絵15問でした。 

 

塗り絵がない点数の目安とは ?

 

結論から言いますと、

リーディング430点から

ようやく全て読んで解答できると想定します。

 

もちろん読むスピードと正答率は全員一様ではないし、

問題分の難易度や量に左右されると思いますので

一概に言えませんが、私をモデルとした時の想定です。

一つの参考になればと思います。

 

私が取った405点の内塗り絵10問中2問はまぐれで正解だったとします。

仮に10問全て読めたとしたら10問中7問は取れると思います。

そうするとその差の5問分の約25点(1問5点と仮定)を追加して

405+25=430点が全て読める切れる人のボトムライン

になるであろうと思います。

 

なのでリーディングが430点以下の人は終わらなくて当然なのです。

適当に速く読むより解けるところをしっかり読んで正答率をあげることに

こだわった方が良いでしょう。

正確に読めることが前提で速く読めるようになるのであって、その逆はないのでしょう。