Shimesaba-ba blog

大手日系企業で経営管理や経理業務を行い、英語や海外とは無縁な状態から海外で業務を行い、グローバル企業へ転職。英語、経営管理、ビジネスについての経験や学んだことをアウトプットします。

自分が得意なことを見つけるために必要なたった2つのこと

皆様お久しぶりです。

 

ブログをやるときに100記事は書きたいという想いで初めて

もうすぐ100記事にたどり着きます。ここ最近かなり停滞していました。

他にやることがあって優先度を落としていました。

 

自分に得意なことなんてない

 

あなたもそう思ったことありませんか?

大丈夫です私もそうでした。

 

もう30年以上生きていますが不器用で、

色々と飲み込みが悪い方なので

永遠に見つかるわけないとおもっていました。

  

なのであなたと同じく、

自分に得意なことなんてない!

と常に悩んでいました。

 

ただあることを意識したたけで

人に何とか得意と言えそうなことが

見つかりました。

 

1つ目は些細なことでも周囲に何かを提供してみることです。

 

ではそれをするとなぜ得意なことが見つかるのか?

 

その答えに行く前に1つ質問です。

自分に得意なことはないというのは

一体誰からみた目線でしょうか?

「得意」かどうかはどういう基準で考えていますか?

何となく自信がないから得意ではないと

思い込んでいませんか?私もそうでした。

 

でもここで1つ考えてみて下さい。

あなたが仮に職場では超ポンコツITエンジニアだったとします。

きっとあなたはITが得意です!とは言えないですよね。

でもそれはあなた目線、あなた基準ですよね?

 

仮にあなたが町の公民館で高齢者のコミュニティーで

パソコン教室かスマホ教室を教えることになったとします。

電源の入れ方、キーボードの打ち方などを教えます。

きっと多くの方はあなたの講義を聞いて感謝の言葉を

かけてくれるでしょう。

 

その感謝の言葉を浴びたあなたは、

それでもITは得意ではないと心底思うでしょうか?

 少し心境の変化が起こるはずです。

 

ここで大事なことはあなたが些細だと思っていることは

環境が変わることでそれはとても価値があるようになり、

先生のような扱いを受け賞賛を受けられます。

 

人からたくさん褒められれば自分はこれが得意だ!と思えますよね。

そうです、自分が得意なことが見つけるために必要なこととは

些細なことでも環境を変えて周囲をサポートする

ということです。

 

私も 会社では別にITが得意な方ではありませんが、

違うコミュニティーではやり方を教えてあげたり

些細なツールを作るだけ大変感謝をして頂けました。

環境が違うだけで普通だと思っていることも

得意になるんだと気づきました。

 

もう1つ得意なことを見つける方法があります。

あなたがよほど器用でもない限りはじめは

何をやってもうまくいきませんよね?

 

でもそれを続けることによってできることが

どんどん増える、そして周囲から認められる。

あるいは初めから上手くできることに出会うかもしれません。

 

そう、だから2つ目は行動し色んなことに挑戦し続けることです。

行動しない限りあなたができることは増えませんので、

得意なことも永遠に見つかりません。

私もメチャクチャぶきっちょMAXなので

何かとセンスがないのですが、

 

今まであれこれやってきて最近気づいたことは

「面接」はとても得意なことに気づきました。

久しぶりに転職の面接を受けましたが

前回の経験もあり、気合をいれて準備をせずとも

落とされずに突破することができました。

 

これは経験値がたまってきたことと、

色々と行動し続けてきて見つけた得意なことです。

 

だからあなたがもし得意なことがない!

と思っていても大丈夫です!

 

ただ環境を変えて自分が些細だと思っていることでも

教えてあげる、シェアしてみる。

あるいは色んなことに挑戦して行動していれば

得意なことは見つかります。

継続によってもしかしたら始めは苦手だったものも

得意なるかもしれません。

 

必要なことは環境を変えて些細なことでもシェアしたり教えること、

行動して色んなことに挑戦し続けて得意なことに出会うまたは

苦手なことでも得意にしていきましょう。

 

そうすれば、きっとあなたも得意なことが見つかります!