Shimesaba-ba blog

大手日系企業で経営管理や経理業務を行い、英語や海外とは無縁な状態から海外で業務を行い、グローバル企業へ転職。英語、経営管理、ビジネスについての経験や学んだことをアウトプットします。

会社員=安定という時代は終わり、今の時代の真の安定とは?

なぜ我々の親世代は有名企業に勤める

サラリーマンになることをやたら

求めるのでしょうか?

 

それは大抵安定しているからですよね?

では安定って具体的に何でしょうか?

 

給料が安定的かつ年次を積み重ねて上昇する、

厚生年金があって老後も安心できる。

これが多くの人が思う安定の定義でしょう。

 

今のあなたの会社はいかがでしょうか?

それなりに仕事をすれば時が経てば管理職になり、

今管理職の人なら時が経てば部長になるでしょうか?

 

昔はどこもそうだったかもしれません。

しかし、今は本当に変わってきています。

とてもシビアです。

 

仕事ができないベテランは容赦なく

早期退職ターゲットになったり、

昇格しない人はたくさんいます。

実際私は前職でも現職でも

たくさん見てきました。

 

昔のように会社は長く勤めてきた

"あなた"という存在にお金を払うのではなく、

あなたが持っている"スキル"に

お金を払おうという時代になってきています。

 

乱暴な説明ですが

これがジョブ型といわれる制度で

外資系企業で採用されることが多い

人事制度です。

今、日系企業でのその制度の導入が

加速しています。

 

つまりあなたの会社の同僚はまだ

日本人だけど、あなたが知らない間に会社の

カルチャーや制度が

外資系企業になっているかもしれない

ということです。

 

実際私の現在の会社も、

超ドメスティックな前職の会社ですら

そうなってきました。

友人のドメスティックな会社に至っては

突然外資に買収されました。

 

こんな世の中で、もはや上司のご機嫌取り、

飲み会の付き合いをするといった

政治力で上に上がろうと邁進している

場合ではありません。

 

仮にしばらくは

そうやって上がれるとしても

いずれ淘汰されてしまいます。

 

ここまでくると、

会社員でいる=安定にはなり

ませんよね?

あくまで起業するよりは

少し安定している程度であって、

サボってしまえば終わります。

 

これを踏まえて

今の時代あなたが真の安定を手にするには

どうしたら良いのでしょうか?

 

それは何も考えずとにかく

大きな会社に入ることばかりに

固執するのではなく、

どんな会社であろうが入社したら

あなたのスキルを研ぐことです。

スキルが身につかないならスキルが身につく

会社に行くことです。

目先のボーナスや退職金を

気にしてはいけません。

 

また、会社の外で活かせるスキルがあるなら

そのスキルで少しでも稼げるようにすると更に安心できるでしょう。

 

会社に入るだけでなく、

しっかりスキルを研く、

可能なら収入源を複数持つ。

ここまでやって初めて真の安定と言えるの

ではないでしょうか?

 

それだけ今の時代、真の安定を手にできている人は少ないと思うのです。

 

大きな会社に入ったら安泰というのは

間違いなく幻想です。

それは私がそういう会社に

いるのでよくわかっているつもりです。