西園寺 祐介ブログ

大手日系企業で経営管理や経理業務を行い、英語や海外とは無縁な状態から海外で業務を行い、グローバル企業へ転職。英語、経営管理、ビジネスについての経験や学んだことをアウトプットします。

中途採用の面接官の興味はこの2つだけ

30代前半までのメンバークラス

または主任クラスにの面接について。

 

感触は良かったのに何故か落とされた、

色々質問攻めにあいそこまで手応え

なかったけど意外と通過できた、

そんな経験ありませんか?

 

一体何を見て合否を決めているのか?

 

私は何社も面接を受けてきたと共に、

最近は面接官として面接をする側を

経験しています。する側になって

腹落ちしましたね。

 

答えは2つ?

今の職場にフィットするかと

転職理由です。

 

1つ目を具体的に解説します。

 

職場で求めてるスキルがあるか?

職場の同僚や関係部門のあの人達と

基本的な意思疎通ができるか?

また、仕事の進め方の波長が合いそうか?

これだけです。

 

一概には言えないものの、

中途採用は基本は1-2年くらいで活躍してもらうための採用なので、

私はそれが可能かどうかを判断するための質問をスキル面とキャラクター面で聞いています。

 

次に2つ目の転職する理由を

具体的に解説します。

 

これはベースにどんなキャリアプランが

あって、その上で転職するのがそのプラン実現に必要だったから転職したというような

ストーリーがあるかです。

多少盛ってでも用意しましょう。

 

中途採用はスキルは半分で

もう半分はご縁です。 

 

あなたがどんなに優秀であっても、

キャラクターや年齢などで

不採用になることも

多くあるということです。

 

実際に私が行ってきた面接でも

自分よりスキルはあるし間違いなく優秀

だけど、年齢や職場の同僚や関係部門と

フィットしない懸念があるという理由で

不合格とすることが多いです。

 

ここから言えることは、

中途面接を受ける方にとって

落ちるのは当たり前。

合格は色んな条件が合致した

奇跡が起きた時にのみ

出るものと思ってください。

 

なので色んな会社を受けて、

ご縁がある会社を見つけることに

フォーカスしましょう!